2018年8月12日

タンパク質とビタミンC不足が腰痛の原因だった??

カテゴリ:

栄養 , 腰痛

腰痛を悪化させるには大きな原因があります。

1 質的な栄養不足

2 機能障害

3 ストレス

4 筋力、柔軟性の低下

5 必要以上の痛み回避行動

この五つが相互に絡み合い合うため腰痛はなかなか治るのが難しい病気になっています。

ちなみに先日、お話させていただいたドローイングの話は4番に該当します。

今日は1番目の項目でもある「質的な栄養不足」、その中でタンパク質とビタミンCについて書きたいと思います。

アメリカでの調査

以前、アメリカで行われた国民健康調査の一環として実施されました。

対象は、20歳以上のアメリカ人4742名。対象者には以下の項目の調査が行われました。

1 血液中のビタミンCの量

2 腰痛、肩こり、膝痛、リウマチ様症状の有無

研究の結果より、血液中のビタミンCが不足している方は、ビタミンCが不足していない方と比べて、腰痛を発症する危険性が1.3倍高くなっていました。
すなわち、ビタミンC不足により、腰痛を発症する危険性が高くなる可能性があると考えることが出来ます。

ビタミンCは、靭帯や筋肉の腱、骨に必要不可欠なコラーゲンの合成に重要な役割を果たしているため、ビタミンCが不足することで、腰痛などの症状を発症しやすくなったのだと思います。

加えて、これはアメリカでの調査になりますので、1つ注意したいことがあります。

アメリカ人と日本人ではお肉の摂取量が違います。

例えば牛肉の消費量はアメリカ人が年間で約24キログラム、日本は約6キログラムと言われています。

また大切なことですが、コラーゲンの合成には、ビタミンCとともにタンパク質が必要不可欠となります。

タンパク質のことをギリシャ語で「プロテイン」と呼びます。

ドイツ語 Protein、英語protein、フランス語rotéineスペイン語proteína はギリシア語で「第一の」を意味する prōteîos から採られました。

1838年にオランダの化学者ヨハンネス・ムルデルが、スェーデンのの化学者イエンス・ベリセリィスから助言を受け、窒素を非常に多く含む生物の基本要素と考えてこの名称をつけたと言われています

「第一の」と言われるだけあって体の構成要素としては、水分の次に多い物質です。

ちなみにタンパク質の毎日の必要量は、諸説ありますが、おおよそ体重1キロに対して1グラムくらいと考えていいと思います。

ちなみに「どの食品にどのくらい入ってるの?」と思われるでしょうから下記に少しまとめてみました。

タンパク質の含有量まとめ

タンパク質を豊富に含み、かつ手に入れやすく食べやすい食品のタンパク質含有量(文部科学省 食品成分データベース参照)

肉類(100gあたりタンパク質含有量)

生ハム(24.0g)、鶏ささみ(23.0g)、ローストビーフ(21.7g)、牛もも肉(21.2g)、豚ロース(19.3g)、鶏砂肝(18.3g)、ロースハム(16.5g)、ウインナー(13.2g)となっています。

魚介類(100gあたりタンパク質含有量)

イワシ丸干し(32.8g)、いくら(32.6g)、焼きたらこ(28.3g)、するめ(69.2g)、かにかまぼこ(12.1g)、魚肉ソーセージ(11.5g)などがあります。

▪卵類(100gあたりタンパク質含有量)

卵黄(16.5g)、ピータン(13.7g)、ゆで卵(12.9g)、ウズラ卵生(12.6g)、生卵(12.3g)、ポーチドエッグ(12.3g)、卵白(11.3g)、ウズラ卵水煮缶(11.0g)です。

▪大豆製品(100gあたりタンパク質含有量)

きな粉(35.5g)、油揚げ(18.6g)、納豆(16.5g)、がんもどき(15.3g)、厚揚げ(10.7g)、こしあん(9.8g)、豆腐(6.6g)、豆乳(3.6g)となっています。

▪乳製品(100gあたりタンパク質含有量)

パルメザンチーズ(44.0g)、脱脂粉乳(34.0g)、プロセスチーズ(22.7g)、カマンベールチーズ(19.1g)、クリームチーズ(8.2g)、植物性生クリーム(6.8g)、ヨーグルト(4.3g)、牛乳(3.3g)です。ただ乳製品は各商品によりタンパク質含有量に差がありますので成分表記で確認しましょう。

このようになります。

分かりやすく言えば体重60キログラムの男性でしたら、鶏ささみ(100グラム中タンパク質が約23.0g)を約300グラム食べなければなりません( ;∀;)

しかも毎日です。

とても現実的ではありません。

そこで著者は、プロテインパウダーを患者様には薦めています。

ひと昔は、プロテインというとまずいものが多かったですが、現在はとても飲みやすいものが増えています。

コスパなどを考えてると、マイプロテインというイギリスのメーカーが優れています。

国産で質の高いメーカーは、ファインラボ社でしょうか。

次回は1日に必要なビタミンCの量などを書いていきたいと思います。

もし長い間腰痛で悩まれているようなら
今すぐお電話ください。

期間限定!!1日に初診は2名まで。

腰痛を本気で改善したい方は、今すぐお電話を!

メールでのお問い合わせ・予約はこちら

腰痛を本気で改善したい方は、今すぐお電話を!

045-620-5268

受付時間10:00~19:00

お問い合わせ・ご予約はこちら

※診察時間は10:00~19:00までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。

横浜スポーツ接骨院 麻痺改善専用サイト
横浜スポーツ接骨院 麻痺改善専用サイト